山梨のチベット 芦川

芦川村とは

About Village
「限界集落」芦川村ってどんなとこ?

都内から90分ほどの村に、古きよき日本の文化がそのまま残る
芦川村は、甲府盆地の山をひとつ越したところに標高約600~1000mの間に位置する山間集落。 山と山が迫った谷あいの地域で、中央を流れる芦川に沿って集落が形成されており、 上芦川、新井原、中芦川、鴬宿という4つの部落からなる村です。
(※平成18年に笛吹市と合併し 「笛吹市芦川町」となっております)
地形的に市内からも車で30分ほどかかるため、今でも「村」の印象が強く、 日本の原風景がそのまま残されており、今でも、炭焼き、石垣、古民家、など日本の古き良き時代にタイムスリップしたかの様な感覚を味わえる不思議な村です。
首都圏からも車で90分というと近いところにあり、いつもの忙しい日常から開放されたいときや、 子供たちと遊びにくるにはもってこいの山梨県芦川村です。
標高1000mに位置する村!! 富士山の裏側が見える
富士山と言えば、静岡県と同様に有名なのが山梨県。
芦川村にも、富士山を見る事ができるスポットがあります。それは“神道峠”と言われる山道を上がった所。集落中心部から、10分ほど車で上がった山間から徒歩15分でその絶景に遭遇できます。
そして、きっと普段、皆さんが見る事のない富士山の裏側を見ることができます。 正面から見る富士山に、正直見慣れてしまったあなたに、最適な富士山の裏側スポットです。
92%以上が森林•原野に囲まれる大自然
深呼吸をしたくなる 深くやさしい澄んだ空気がつつみこみ、ついつい手ですくっての飲みたくなる澄んだ透明の水 ふーっとため息をつくと、すべてがそれらを包み込んでくれる。 そんな大自然に囲まれております。集落から見ると山の斜面が綺麗に見る事ができ、その景色は圧巻です。 自然の有り難みをふとした時に感じる事ができる特別な場所です。
話題のテレビCMなどでもロケ地として使用された古民家がある村
ダイハツの瑛太さん、吹石さんが出演するCMで、古民家の藁葺き屋根を改修するシーンがあるのですが、 そこのロケ地として使われた古民家が、芦川村にある“農啓庵”だと言う事を、ご存知だろうか?
CMでも、使われるほどの古き良き日本の文化が残るこの村が、 あまり知られていないのが、“秘境の地”として呼ばれる所以かもしれない
テレビのCMで使用された農啓庵
芦川村は、未来の日本の縮図?!
そんな、芦川村にも、問題が無いわけではない。現在、限界集落というものに認定され、人口の50%以上が65歳以上という超高齢化社会。農業・林業など第一次産業の後継者問題をはじめ、耕作放棄地問題、空家問題などの問題を抱えている。
芦川の風景 芦川の風景

そこかしこに残る日本の原風景

農啓庵

テレビCMで使用された”農啓庵”

芦川の人口推移 ページTOPへ